風呂場で筆おろしすることが好きな美人女将が凄む温泉旅館の優し過ぎる二回戦 葵つかさ

「どうですかお湯加減は?まだちょっと体が硬いですね。緊張するタイプですか? でも筋肉が凄いですね。サッカーとかやっていたんですか。マネジャーとかいるでしょう。彼女はいたんですか。どこまでいったんですか?キスまでですか そうなんですか」美乳美女に癒されながら緊張を解されると、風呂の側ていよいよ筆おろしの始まりです。優しくチンコを弄られて勃起したチンコに歓ぶ女将。騎乗位で優しく挿入されると我慢もここまでとザーメンを一杯放出。「イッんですか ゴム外しますね」とフェラされて「どうでした?」と聞かれ「もう一回チャンスをください。次は頑張ります」の声に「今度は私が下になってもいいですか?」で再結合です。一回目速くイキ過ぎたことに「さっきは速くイッちゃいましたね。仕方ないですよ。よくあることです」と優しく慰めたてくれた女将の声がいつもまでも耳に残った。