娘婿の朝立ちチンコの刺激が強すぎて忘れられない義母の脳裏は巨根のことばかり 片瀬仁美

寝坊する娘婿を起こしに行く義母。娘は勤めが早いのでこれが習慣になっている。娘婿の肩を揺する義母。この時熟睡する娘婿の朝立ち巨根を目にする。「まぁ大きいチンコ。亭主が死んでから何年も見たことがない」手を伸ばす義母。そっとパンツをずらすとぺろっとひと舐め。「私たっらなんてことしてるのかしら」思いとどまり元の鞘にに納めたが頭の中はあり逞しくも荒々しい巨根のことばかりだ。次の日には義母の我慢が限界を超えた。起こしに行く時間に娘がいないのを良いことに朝立ちを目にするや今度はすっぽり咥え込んだ。自分のパンティをずらして跨る。そろりそろりと腰をくねらす。快感が全身を過る。目を覚ます義息。恥ずかしさの余りに目を逸らす義母。「義母さん。いいんだよ。寂しかったんだろ」義息の目が潤んだ。

(Visited 2 times, 1 visits today)

一押し動画集

管理人が「安全にすぐ見れて結構エロい」をコンセプトに選択した動画リンク集になります。楽しんで頂ければ幸いです。